シートベルトは命綱

AT、MT、エアコン、パワーウインドウなど今の車はたくさんの機能が付いています。さらには走行中の安定性もASBなどたくさんの新しいテクノロジーが登場して格段に向上しています。ところがそれでも自動車の事故というのは起こります。その事故のダメージを減らしてくれる唯一のものはシートベルトです。シートベルト無しで車を運転することは自殺行為と同等といえると思います。最近はエアバッグがほとんどすべての車に標準搭載されていますがこれも完全なものではありません。あくまでもシートベルトありきのものなのです。エアバッグが正常に機能するためにはシートベルトをしていることが大前提なのです。シートベルトは少なくとも55km/h以下の衝突事故ではかなり高い確率で乗っている人の命を守ってくれます。車が衝突したときの衝撃というものはものすごいのです。たとえ20km/hで電柱にぶつかっても前の席の人はフロントガラスを突き破って外に体ごと放り出されてしまうほどなのです。しかし、シートベルトをしっかりと装着していればそのようなことはありません。シートベルトは運転手だけではなく車に乗っている人全員着用してください。最後にとても大切なことですがシートベルトをする際はきちんと正しくつけてください。肩のベルトが首にかかっていたりしませんか?下のベルトはおなかではなくちゃんと腰骨にかかるようになっていますか?首やおなかにかかっていると衝突した際に衝撃がそこに集中し、かえって危険なことがあります。たいていの車はシートベルトの方のところが調整できるようになっているはずなので、ベルトが首にかからないように調整してください。またシートに深く腰掛けるようにし、ベルトが腰骨を通るようにしてくださいね。