ブレーキ界の革命ABS

ブレーキは格段の進歩を遂げました。それは現状の車のほとんどに搭載されているABSというブレーキの装置です。ABSとはアンチブロッキングシステムのことです。ABSがない車で高速で走行している最中に思いっきりブレーキを踏んでしまうと後輪がロックされ滑り出してしまい、ハンドルがまっすぐになっていないと車体が横になってそのまま滑って行ってしまうということが起きます。ABSとは一瞬ブレーキを緩めて再び踏み出すという技術をコンピューターが自動的に行ってくれるシステムです。これによって子供の飛び出しなど急な事態によって強くブレーキを踏み込んだ時にもタイヤがロックされずに車がスピンしづらくなってハンドルでコントロールが取れるようになるということです。ABSはハンドルが効かなくなってしまう原因であるタイヤのロックを防いでくれるシステムです。タイヤがロックされるとコンピューターがそれを感知し、一瞬だけブレーキを緩めてタイヤを回し、そして再びブレーキを締め付ける…という動作をコンマ何秒というものすごく短い時間の間に何度も行ってくれます。もちろん普通にしているときはABSは働かずタイヤがロックされてしまうような急ブレーキを踏み込んだ時にだけ働きます。ABSが作動しているときにはブレーキペダルにゴッゴッといった振動が伝わってきます。しかしこれはブレーキが壊れたわけではないので心配せずにそのまま急ブレーキを続けてください。そしてハンドルを操作し、事故の危険から回避してください。