シミュレーションとドライバー訓練

皆さんが車に乗って一般道を走行している際に、救急車や消防車、パトカーなどが近づいてきた場合、どのような対処を行いますか?緊急自動車は、いつどこで出くわすのか予測のつかないものです。前方からくるのか後方からくるのか、1台なのか複数台なのか…、緊急自動車は時には、交通ルールには従わない逆行などを行うケースもありますので、その姿を目視する事できる場面では、その動きをよく観察し、自分自身がどのような行動をとるべきなのかを周囲の動きを読み取りながら状況判断いたしましょう。もし、皆さんの検定試験の際に、緊急車両と遭遇してしまったらどのような対処をするべきなのかを、きちんと理解しいた上で行動に移しましょう。常日頃から、このような場面に遭遇した事を想定した上で、シミュレーションしておく事は重要です。緊急車両は、皆さんが考えもしないような動きをみせる事もありますので、冷静に状況を判断する事が求められます。多くの受験生や教習生は、緊急車両のサイレンの音を聞いただけでも緊張して何もできなくなってしまうかもしれません。実際に緊急車両のサイレンの音は、検定を受けていなくても緊張してしまうものです。このような状況を打開するには、常日頃からこのような場面に出くわした時の事をきちんと想定してシミュレーションをしておく事が大切なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です