譲り合いの精神について

運転においては、とにかく譲り合うという精神が大事で車を駐車する際や、一歩通行の道路などで工事をしていた場合などには、相手に道を譲るという精神を常に持っておくことが、とにかく重要であるというふうに考えられるわけです。とりわけ自分が走っている車道が、工事中である場合などには、常に対向車が優先されるという風に考えるべきでしょう。一旦一時停止を行って向こうから来る車を通してから進むのがいいというふうに考えられます。しかし、実際のところ、一般的な道路では大規模な道路工事などを行っている場合には、どちらが優先されるか分からないパターンもあるわけです。多くの道路工事現場などでは、そのような際に備えて、簡易的な信号が設置されており、何秒以内に通行してください、ということや難病待ってください、というような案内が出ている場合もしばしばあるわけです。このような案内が全くない、というような道路の場合にはきちんと対向車線に入る車と合図を取り合いながら、うまく通行することが重要であるという風に言えるでしょう。安全確認をしたり、合図を出したり緩やかにハンドルを切るというような車の操作はもちろんのこと、対向車から来る人と合図ができるようにしておくこともポイントの一つであるという風に言えるでしょう。とりわけ、一般的な道路などでは、スクールバスのような子供達が乗り降りするような車両なども多く止まっていたりすることがありますが、法律上は、一時停止しなくてもよいという風になっていますが、徐行運転で常に周囲に気を配りながら走ることがポイントである、という風に言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です