マニュアル車特有の現象について

他にも、マニュアル車などにはエンストと呼ばれる現象があり、十分にギアの操作がうまくできていない場合などに生じてしまうため、イメージトレーニングをするなどして、注意しておくことが必要だと言えそうです。他にも、不合格者が原点になった分野として多く挙げられているのは、交差点の安全確認で自分自身の車が安全に走行するだけではなく、周囲の車が安全に走行できるためにも、安全確認は、欠かせないという風に言えそうです。とりわけ、対向車と衝突してしまうような危険を招いてしまうことが、初心者には多い、と言われていることから、例えば、右折する場合には交差点の中心付近を50 CM 以内で旅行できるように心がけて注意を払うことが必要だと考えられますし、左折をする場合には交差点に進入した際に巻き込み事故を起こさないように、なるべく未然に幅寄せをするなどして、危険を減らしておくことが何よりも重要であるという風に言えるでしょう。交差点だけではなく、一般的な道路の左折や右折でも同様で全く合図をせずに、曲がってしまったりすれば、自分自身を危険の目に晒すだけでなく、歩行者や他の車両にとっても、大いに危険を与えてしまうことにもなりかねませんから、注意をしておかなければならない、というふうに言えるでしょう。さらに、一般的な意見として挙げられるとすれば、ふらふらとした運転が初級者には多く、キープレフトを守りたいがために、ふらふらと左に寄ったり離れたりを繰り返して、運転しまうということも挙げられます。このような場合には、ただただ危険を招くだけではなく、後ろの車にもあの車は危ないというような印象を与えかねないというふうなことを覚えておいた方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です