優先通行帯

 自動車の運転手は、常に路線バスの動きに注意しなければなりません。路線バスの発進を察知した時は、バスの邪魔にならないような運転が求められます。道を譲るために自分を危険な状況に追い込む必要はありませんが、急ブレーキや急ハンドルを使うような状況でなければ、積極的に譲るようにしましょう。バスの通行に関しては、専用通行帯なるものが存在します。常識や標示で、路線バスの専用通行帯であることが示されるのです。その場合は、普通自動車が専用通行帯を走行してはなりません。但し工事中で一時的に進入せざるを得ない場合は認められています。

 専用通行帯とは異なり、優先通行帯であれば、路線バスに加えて普通自動車も通行できます。但し、バスの通行が優先されるため、バスが近くにいる時は通行帯から速やかに出なければなりません。従って、朝夕の混雑している時間帯は、優先通行帯に進入しない方が良いでしょう。  自動車の運転手であれば、歩行者や自転車の動きに注意するのは当然です。特に子どもや高齢者、障碍者の通行に配慮することは、社会人としての義務と言えます。また、他の自動車の運転手が高齢者や初心者である場合、その運転が未熟であったとしても、寛容に対処することが求められます。歩行者が近くにいる時は、距離をとって徐行するようにしましょう。安全地帯の近くを通過する時も同様です。路面電車の存在を察知した時は、客が歩行者として周囲を歩いている可能性が高く、安全を確認するまで待機するのが望ましいでしょう。無理に通過しようとすると、接触しないとも限りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です