カーブや曲がり角

当たり前のことかもしれませんが、カーブをスムーズに走行するためには、そのカーブの曲がり具合に応じた適切な速度と進路をとって走行することが大切と言えるのではないでしょうか。曲がり角などの場合では、内輪差を考えた走行位置を取らなければ、後輪の乗り上げといったことや、ガードレールにぶつかってしまったりといったことで車体を損傷しかねないでしょう。右カーブ、左カーブそれぞれを走行するときには、運転席からの目の錯覚というものに注意するべきでしょう。左カーブの場合は、比較的緩やかに感じられるため、ハンドルを切るのが不足してしまうという傾向が見られているようです。右カーブの場合は、左カーブに比べきつく感じられる傾向にあり、ハンドルを切りすぎてしまうといったことが起こりやすくなってしまうようです。特に道幅の狭い曲がり角などの場合では、接近すればするほど曲がり角付近の状況というのは死角で見えなくなってしまうようです。つまり、曲がり角が見えている状況の時には既に、タイヤや車体が通過していく軌道などを判断し、走行するべき位置というものを決めておくことが大切と言えるでしょう。曲がり角に近づきすぎてしまうと、道路の左前方などの状況は死角に入ってしまうため、曲がる前に決めた走行位置を忘れないようにしておくことも大切です。カーブの走行位置の判断を誤ってしまうと、縁石などへ乗り上げてしまったり、塀やガードレールなどへ接触してしまう事故を引き起こしてしまう危険性があるでしょう。合宿免許などでは比較的交通量の少ない車道での講習となるため、実際に交通量の多いような車道でカーブなどをしなければならない場合には、慌てずに減速することを心がけるのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です