停止目標

あらかじめ目標として設定した位置に車を停止させるためには、主に、速度の下げ方と進路の取り方といった二つの技術を行えるかどうかがポイントとなってくるのではないでしょうか。しかし、急ブレーキになってしまうパターンと、停止位置からオーバーして停止してしまうというパターンが初心者に多い失敗と言われているようです。これに対する策としては、できるだけ早めに停止目標を捉え、エンジンブレーキとフットブレーキによる速度の調節をしっかりとできるようになるまで練習を重ねることではないでしょうか。停止目標を早めに捉えるためには、正しい運転姿勢が重要となってくるでしょう。頭を上げて視野を広げることで、停止位置までの距離、自車のスピードなどを把握しやすくなるでしょう。そういったものがわかってきたら、自ずと減速する程度というものも判断しやすくなるのではないでしょうか。停止位置を捉えるのが遅くなってしまうと、その後の減速が上手くできなくなり、停止位置からはみ出してしまうということが起きがちです。合宿免許でも自動車学校でも、安全のための正しい運転姿勢というものをみっちり叩き込まれるのは、このためでもあるのではないでしょうか。正しい姿勢で視野を広く持ち、できるだけ早く停止位置を確認した後、その場所に合わせて、減速と進路変更を行うことが望ましいでしょう。また、止まるときには、きちんと停止線に合わせるということも大切でしょう。これには前方感覚を養うということが重要になってくるようです。自身の運転する車全体の距離感や感覚というものを把握した上で走行できるようになると、より一層安全運転へと近づくと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です