タイミングの良い発進とは

車を発進させるときというのはいくつかの手順がありますが、交通量などを見て素早く発進させるためには、その手順をスムーズに行うことが必要となるでしょう。マニュアル車の場合、タイミングを逃さないようにするためには、チェンジレバーをローギアに入れてから安全確認をすると良いでしょう。それから合図を出しつつ後方の安全確認を行い、飛び出さないよう半クラッチのままで発進に備えておきましょう。発進準備を整えたら、再度安全確認したのち、ハンドブレーキを戻し、エンストに気をつけながらクラッチをつなぎ、アクセルを踏み込むようにすると良いでしょう。安全確認の際は、ミラーだけでなく、死角部分は必ず目で確認するようにすることを忘れないことが大切でしょう。オートマ車の場合では、チェンジレバーをDレンジに入れてから合図を出し、ハンドブレーキを戻しましょう。その後、もう一度安全確認を行い、クリープ現象が起きているかどうか確認し、アクセルを踏み込むようにすると良いでしょう。急加速となって反対車線に飛び出さないように注意することも必要でしょう。合宿免許や自動車学校などでは、実際の車道に出るまで対向車や後続車といった存在はない環境の中で運転を行うことになるため、いざ実践になった時に慌ててしまってどうしていいかわからなくなってしまわないよう、しっかりとイメージトレーニングをしておくと良いのではないでしょうか。合わせて、交通量のある大きな道路などでは、車の流れに合わせた速度まで加速しなければならない可能性もあるでしょう。後続車との距離を把握し、素早く発進した後、流れを乱さずに走ることは、運転技術としてとても大切な部分であると言えるでしょう。発進後の加速が上手くできない場合、後続車に迷惑をかけてしまうことになるでしょう。短い距離で加速するには、アクセルを一気に踏んで、素早く加速チェンジを行うという技術を身につけなければならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です