通路のスペースを十分に活用しましょう

日本の駐車場は基本的にバックで駐車する仕組みになっています。デパートの駐車場など基本的にこの形です。つまり、バック駐車ができないとどこにも出かけることができないということです。合宿免許でもこの辺りはしっかり学ぶことが出来ます。

バック駐車には右側へバックするのと左側にバックする二つのパターンがあります。右側にバックする場合窓から首を出して直接確認することができるのですが左側にバックする場合はそうはいきませんね。しかし両方ともできなくてはいけません。バック駐車のコツは通路を大きく使うことです。通路の右側の駐車場に駐車するときは目的の場所を通り過ぎながらいったん車を右側に寄せ、通路いっぱいに斜めになるようにします。そしてハンドルはまっすぐに戻し、できるだけ駐車するスペースと平行になるようにバックで近づいていきます。大きく通り過ぎても構いません。できるだけ駐車スペースに小さい角度で入っていくことが大切なのです。通路の左側の駐車スペースに駐車するときも基本的に同じです。大切なことは駐車するスペースにより小さい角度で進入するということなのです。もしいったん入れてみてうまくいかなかった場合はハンドルを切り返していったん前に出ましょう。そしてまた調整しながらバックしていけばさっきよりももっとうまく駐車することができているはずです。

合宿免許でバックの仕方を学び、安全運転を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です